クーラー 移動 費用

クーラー移動の費用を格安で行う方法がすぐにわかる

クーラー 移動

クーラー 移設

クーラー 引越し

クーラー 運ぶ

 

クーラーは室外機とつながっていますので、自分で取り外しすることができません。

 

引越しなどで新居に持って行きたいときなどは、やっかいな家電になりますね。

 

クーラーやエアコンの寿命は約10年ですので、使用期間が10年近い場合は移設費用よりも買い替えたほうが安上がりかもしれません。

 

それでもクーラーを移動したい場合は、引越し業者に依頼すれば手配してくれます。

 

自分で電気工事会社に連絡して取り外してもらい、引越し業者に新居に運んでもらって、取り付けもまた電気工事会社に取り付けてもらう。

 

この面倒な作業をする手間が省けます。

 

できるだけお安くしたいなら、引越し業者一括見積もりを利用すれば、簡単に1番安い引越し業者を探すことができます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

せっかく新居に取り付けたのにすぐに壊れてしまったなんていうこともあります。

 

新しいクーラーなら節電を意識して作られていますので、電気代もかなり節約できます。

 

引越しの際に、買い替え時かどうかも検討してみるといいですね。

 

 

クーラーを処分するときにも引越し業者が代行してくれますので、やっぱり一括見積もりがオススメです!

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しの時期と繁忙期

 

引越し繁忙期

 

引越しには繁忙期があります。
それは3月前後で、この時期はどこの引越し業者も仕事が満杯になるほど忙しい時期です。

 

日本では4月から新学期を迎えますので、新大学生・新社会人・転勤のサラリーマンが3月に一斉に引越しするのです。
毎年のことですから、引越し業者もあれこれ対策を講じるのですがそれでも全部の依頼を受けることができない状態です。

 

では繁忙期の引越し業者はどこに依頼しても費用が高いのでしょうか?
いいえ、繁忙期でも引越し業者によって価格は異なります。

 

これはもう早めに一括見積もりを行って、複数の引越し業者から見積もりをもらいましょう。
遅くなればなるほど業者の数が減って、費用が高くなります。
新居の住所がわかったらすぐに引越し業者に見積もりを取って、良い業者をおさえることが重要です。

 

 

引越しの費用を安くする

 

引越し安く

 

引っ越し費用は高額になることがあるので、少しでも安くしたいですよね。
まずは条件から見直ししてみませんか?

 

引っ越し費用は荷物の量が多いと高くなりますので、まずは荷物をできるだけ減らすことです。
売る・あげる・捨てるのいずれにしても、時間がかかるので早めに動きましょう。

 

さらに3月前後は繁忙期なので1年で一番引っ越し費用が高い時期なので、この時期のクーラーの移動は避けたほうがいいです。
どうしても繁忙期を避けられないのであれば、引っ越し先の住所がわかったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取って契約してしまいましょう。 

 

条件の良い業者からどんどん予約が埋まって行きます。。

 

土日祝日は引っ越しの希望者が多いので、平日に比べると費用が高めです。
平日に引っ越しできるのであればそちらがオススメです。

 

午前中に荷物を配送して午後からは荷解きをしたいという人が多いので、午前中は午後よりも高めです。
費用重視であれば午後便、もしくは時間指定しないフリー便であれば割引があります。

 

長距離の引っ越しは単身コンテナ便や混載便を利用することで多少安くなります。
しかしこれらは荷物の量が多いと利用できなかったり、日にち指定が出来なかったりしますので、お気をつけください。

 

このように引っ越し費用は、割引される日にちや時間を利用すれば安くすることができるのです。

 

 

引越しのオプション

 

引越し オプション

 

引越し料金は人件費や交通費、それにオプション費用が加わったものです。
引越し業者の行うオプションサービスとは次のようなものです。

 

@クーラーの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

この中で多いのはクーラーの移設です。

 

クーラーはもともと部屋に付いていないところもまだまだ多いので、その場合は自分で購入して取り付けますよね。
自分で購入したものですから、新居にも持って行きたいと思うのは当然です。

 

しかしクーラーの取り外しは電気事業者でないとできませんので、自分で業者を手配するしかないのです。
この場合は電器屋さんになりますが引越し前と後に1回ずつ、合計2回来てもらう必要があります。

 

しかし、引越し業者のオプションに依頼しておけば面倒な手配をすべて代行してくれます。
同じくらいの費用であれば、引越し業者にオプションを依頼したほうが簡単です。

 

荷物の一時預かりをするのは、リフォームや建替えで一時的に引越しをする方々が多いです。
仮住まいにすべての荷物を入れるにはかなり大きな物件を借りなければなりませんので、家賃や引越し代などで不経済です。

 

引越し業者のオプションは「あったらいいな」というサービスを形にしたものですね。

 

 

引越し費用を安くする条件

 

引越し 安い

 

引越し費用は、条件次第で今よりも安くすることができるかもしれません。
どんな条件で引越しをしたら、安くなるのでしょう?

 

まず引越ししたい人が少ない日を狙いましょう。
ズバリ平日です。

 

引越しの予約は土日祝日、月末・月初め・そして大安が多めになります。
逆に平日や仏滅は予約が少ないため、引越し料金は割引されやすく、安くなる傾向にあります。

 

時間でいうと午前中は人気があるので、料金的に言えば午後からの引越しは良いです。

 

しかし午後は前の引越しが長引いたり、渋滞で予定通りの時間からスタート出来ないこともあります。
そのリスクの分、午後便は割引されることがあるので時間に余裕がある方にはオススメです。

 

またこちらからは時間を指定しないフリー便も割引があるのでオススメです。

 

 

引越しをレンタルのトラックで行う場合

 

引越し レンタルトラック

 

レンタルのトラックで自分で引越し作業をやったら、引越し費用はかなり安くなる?
いろいろな方面からシュミレーションをしてみました。

 

まず普通免許で借りられるレンタルトラックは、1tトラック・1.5tトラック、軽トラックのいずれかです。
そして、これらのトラックの荷台サイズは次の通りです。

 

1tトラック(バン)は長さが2800mm・幅が1300mm・高さ が1300mm・最大積載量が1000kg
1.5ttトラックは長さが3120mm・幅が1620mm・高さが380mm・最大積載量が1500kg
軽トラックは長さ が1800mm・幅 が1100mm・高さ が1200mm・最大積載量が350kg

 

どの大きさにするかは、荷物の量、家財の数などで決めてくださいね。
荷物が少ない場合や新居が近距離であれば、小回りの利く軽トラックがオススメです。

 

さてこの場合にかかる費用は、トラックのレンタル料金と使った分のガソリン代です。

 

レンタル料はどのサイズのトラックも1日7000〜10000円くらいが相場です。
これだけで済むなら安いですね。

 

しかし問題は運ぶ距離です。

 

近距離の引越しなら1日で終りますが、遠距離はそうはいきません。
遠距離の場合は往復の交通費やガソリン代もかかる上に、体力的にかなり厳しく運転が危険となるのでオススメしません。

 

もちろんトラックを借りた営業所と違う営業所に返却することもできますが、その場合は結構な額の手数料がかかります。
レンタルトラックでの引越しは、1日で作業が終わるくらいの距離にしましょう。

 

あとは手伝ってくれる人が数人は欲しいです。
手伝ってもらった場合は謝礼やお弁当、お茶なども用意してくださいね。親しき仲にも礼儀ありと言いますので。